October 2006
S
M
T
W
T
F
S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        




top
About This Site (20)
Book (61)
Cat (77)
Cat - Behavior (450)
Cat - Body (37)
Cat - Food (179)
Cat - Goods (108)
Cat - Grooming (91)
Cat - Guests (5)
Cat - Health & Hospital (17)
Cat - Kedama (15)
Cat - Look-alike (24)
Cat - Nekokusa (16)
Cat - Other Cats (49)
Cat - Owner's Voice (25)
Cat - Sleep (205)
Cat - Time Capsule (56)
Cat - Wallpaper (3)
Cat - Website (12)
Cat - Wrestling (31)
Column (8)
Donguri (10)
Food & Cooking (55)
Illustration (8)
Knitting (9)
Life & Work (84)
Movie (20)
Music (13)
Photograph (19)
Travel (22)












October 12, 2006

昼下がりの情事

[Category: Cat - Behavior]

kiss01.jpg
昼下がり、窓辺にたたずむミルとキク。


kiss02.jpg
微妙に縮まるふたりの距離。


そしてミルが…。


kiss04.jpg
「ん〜〜」


kiss03.jpg
「ちゅっ。」


kiss05.jpg
「…………。」


kiss06.jpg
「……………………。」


下から2番めの写真をよく見ると、ミルの舌が出てる。(笑)

Posted by mik at 04:13 AM | Comments (13) | Trackback (0) |

October 11, 2006

遊びざかり悪戯ざかり

[Category: Cat - Behavior]

居間の観葉植物で遊ぶのが、猫たちの最近のブームらしい。
(画像をクリックすると拡大表示されます)

1011_01_S.jpg


1011_02_S.jpg


1011_03_S.jpg

こんなふうに登ったり飛びついたりするもんだから、ときどき鉢ごとひっくり返ってることがある。ちょっと危ない。

Posted by mik at 01:03 AM | Comments (10) | Trackback (0) |

October 10, 2006

スプラウトを自家製で

[Category: Cat - Food]

seed_01.jpg
会社から帰ると、楽しみに待っていたモノが届いていた。


seed_02.jpg
「これは…」


seed_03.jpg
「乗りごこちはまあまあだね。」

キクよ、ボケをありがとう。でも違う。


seed_04.jpg
包みの中身は、


seed_05.jpg
ミル、じゃまだよ。


seed_06.jpg
(気を取り直して)包みの中身は、通販で注文したスプラウトの種。


先日、猫ごはんの材料にブロッコリースプラウトを使ったとき、コメント欄で、こんなサイトを教えていただいたのだ。

スプラウトってこんなにたくさん種類があるのか!と驚きつつ、育て方も簡単らしいので、さっそく何種類か種を取り寄せて、自分で栽培してみることにしたのだ。
うまく育てられたら、お店で買うより経済的だしね。

今回注文したのは、ブロッコリー、そばの芽、豆苗、ひまわり、レッドキャベツ、アルファルファ、白ごま、大豆もやしの合計8種類。(2000円以上で送料無料というので、欲張ってたくさん買ってしまった。多すぎ?)


seed_08.jpg
まず最初は、アルファルファから育ててみることにした。

育て方はごく簡単。空き瓶に種と水を入れて、一昼夜おく。あとは水を捨てて、暗所に置いておくだけ。(ただし、毎日水洗いが必要)


seed_09.jpg
(↑ミルよ、あくまで出演するつもりだな…)


およそ1週間から10日程度で収穫できるそうだ。
とすると、種を仕込んだのは昨日(9日)だから、順調なら16〜19日頃には新鮮なアルファルファが収穫できるはず。

次回の猫ごはんに使えるといいな。楽しみ。
うまく育ったら、またご報告したいと思っとります。

Posted by mik at 10:40 AM | Comments (12) | Trackback (0) |

October 09, 2006

窓辺のミル

[Category: Cat - Behavior]

1010_01.jpg

1010_02.jpg

1010_04.jpg

1010_03.jpg

昨日の日曜は、朝から秋晴れのすばらしい天気。(風は強かったけど)
わが家の猫たちも、家猫なりに、お気に入りの場所で日向ぼっこしたり、めいめいくつろいでいた。

  *  *  *  *  *

一方、飼い主の日曜日はと言うと、夜、会社でNHKの自然ドキュメンタリー「ダーウィンが来た!」と「プラネット・アース」を続けて観て、深く感動していた。いつもながら、NHKのこの手の番組はすばらしいクオリティ。

私が「テレビ」と言ったらNHKのことを指すくらい、私はNHKの番組を信頼し敬愛し、好んで視聴している。将来定年退職したら、毎日NHKばかり見て暮らすのが夢。

Posted by mik at 01:29 AM | Comments (10) | Trackback (0) |

October 08, 2006

キクが泣いた日

[Category: Cat - Owner's Voice]

ちょうど1年前の10月、キクは去勢手術を受けた。
あの時期、このブログはシステムの不調で更新を休止していたため、それについてはふれたことがなかった。今、思い出して書いておこう。
キクの去勢手術では、忘れられないことがある。

  *  *  *  *  *

雄猫の去勢手術というのは比較的短時間で済むらしく、動物病院への入院も半日ですむ。その上、キクの手術をお願いした病院では術後の抜糸さえ必要なかったし、猫にとっての肉体的な負担はさほど大きくない(ように思う)。

その代わり、というわけでもないだろうけど、精神的な負担はものすごく大きい。見知らぬ場所(病院)に置き去りにされ、わけもわからないまま見ず知らずの相手(獣医さん)に触れられ、麻酔を打たれ、メスを入れられる。猫が感じる恐怖はどれほどか知れない。

実際、去勢手術を終えたキクを私が動物病院へ迎えに行ったとき、彼はとても不機嫌かつナーバスになっていた。キクの入ったキャリーを私がのぞくと、彼は反射的に威嚇した。

獣医さんからは、術後じゅうぶんな時間が経っていないので、家に帰ってもキクをキャリーから出さずに、そのまましばらく休ませるように言われた。

ところが帰宅後、言われたとおりにしようとしたら、キクはキャリーの中で大騒ぎを始めた。「出してーーー!!!」とばかり、狭いキャリーの中で暴れるわ鳴きわめくわ。大丈夫大丈夫、と私が外から声をかけてやっても、ちっとも落ち着く様子がない。

無理もない。大変な怖い思いをして、やっと家に帰って来たと思ったら監禁の仕打ちなのだ。

さすがに可哀想になって、出してやろうかと心が揺らいだその矢先。キクは、とてつもなく大きな叫び声を上げた。「うおおおおー…」という、まるで人間が号泣するときの嗚咽のような、悲痛な声だった。

あのとき、キクは本当に「泣いて」いたのだと思う。涙こそ流さなかったかもしれないけれど、辛くて痛くて悲しくて、たまらなかったのだ。心の中で半べそをかきながら、「もうやだーーー!!!」と叫んだのではないかと。

私は、キクをキャリーから出してやった。

猫が豊かな喜怒哀楽の感情を持っていることは、猫と暮らしている人ならばよく知っていると思うけれど、あのとき私は、猫に「悲しむ心」があることを痛いほど実感した。そして、この小さくて弱い生きものに、けして2度とそんな思いをさせてはいけないと誓ったのである。

1008_01.jpg
Posted by mik at 08:50 AM | Comments (25) | Trackback (0) |

October 06, 2006

シンクロ寝

[Category: Cat - Sleep]

1006_01.jpg
ミルキク、同じポーズでシンクロ寝。
耳の角度といい、肉球の見え具合といい、なかなかの完成度。レベルを上げたな。(笑)


1006_02.jpg
でも、キクのしっぽが短くて、鼻先まで届いてないのが惜しいと言えば惜しい。


  *  *  *  *  *


以下、シンクロ寝の別バージョン。

1006_04.jpg
シンクロっつーより、左右対称。
おでこを付き合わせて眠るの図。


1006_03.jpg
同じ角度で並ぶ尻。

Posted by mik at 02:55 PM | Comments (12) | Trackback (0) |

October 05, 2006

ブロッコリーはテイクアウトで

[Category: Cat - Food]

1005_01.jpg
今日のおやつは猫たちの大好きなブロッコリー。
あれ、キクは?

1005_02.jpg
…と思ったら、お皿からテイクアウトして食べていた。

1005_03.jpg
食べ終わるとおもむろに振り返り、

1005_04.jpg
お皿のところに戻って来て、

1005_05.jpg
ブロッコリーをまたひとつくわえては、

1005_06.jpg
再びテイクアウトして、壁ぎわで食べるのだった。(2枚目の写真に戻る)

1005_07.jpg
キク、また戻って来たけれど、自分のぶんのブロッコリーはもうない。

1005_08.jpg
まだ食べてる途中のミルをうらやましげに見つめる。

1005_09.jpg
見つめる。

1005_10.jpg
見つめ続ける。(笑)

1005_11.jpg
ミルがおなかいっぱいになって一息つくと、

1005_12.jpg
ここからキクの出番。
彼女が食べ散らかしたぶんを、キクが片付ける。(笑)

1005_13.jpg
わが家の後片付け係、その名はキク。
ちなみに彼は、ふだんのごはんの後の皿洗いの担当でもある。自分のお皿もミルのお皿も、ぴかぴかになるまでなめてくれるのだ。

Posted by mik at 03:47 PM | Comments (16) | Trackback (0) |

October 04, 2006

今回もまた鶏肉

[Category: Cat - Food]

ささみ、手羽、ももと、このところずっと鶏肉続きだったので(途中、魚は入ったけど)、次の猫ごはんは牛か羊にしようと思っていたところを、買い出しにでかけたスーパーで「鶏むね肉1kg280円」の特売に遭遇してしまい、つい買ってしまった。あらがいがたい安さの魅力よ。てなわけで、今回もまた鶏めし。

いくら同じ食材が続こうと、文句のひとつも言わずに喜んで食べてくれるのが猫のいいところ。(^^)b
もしこれが思春期の息子とかだったら、一瞥するなり「また〜?!」とか言ってハンストされそうなものだ。

1004_05.jpg


【本日のレシピ】猫2匹×約1週間ぶん
肉…鶏むね500g、軟骨250g、レバー50g、砂肝50g、牛ハツ50g、卵2個
野菜…ブロッコリー、かぼちゃ、パセリ、マッシュルーム、豆腐計500g
油…えごま油、キャノーラ油
サプリ…マルチビタミン、ビタミンC、鉄、亜鉛、タウリン、卵殻


肉と野菜の比率は、結局2:1で落ち着いた。「野菜は肉の2分の1」と覚えておけばわかりやすいし。
「肉(今回は鶏むね)500g、軟骨250g、内臓150g、野菜500g」というのがわが家の猫ごはんの定番の構成。内臓3種(レバー、砂肝、ハツ)は買って来たら50gずつ小分け冷凍しておいて、毎回の猫ごはんにそれぞれ1包みずつ使う。野菜は5種類で500g。1種類につきおよそ100gずつとしておけば、やっぱり覚えやすい。


1004_02.jpg
パセリは今回が初トライ。緑黄色野菜強化メニューだ。


1004_03.jpg
前に、うちのジューサーは「水っぽいもの」を入れないと動かないと書いたけれど、ヨーグルトや豆乳同様、豆腐でもOKということがわかった。


1004_01.jpg
刻んだ&ジューサーにかけた材料を、ボウルに次々と投入。


1004_07.jpg
調理中の飼い主を見守るミルとキク。バスマットの上でノリノリだ。


1004_04.jpg
ボウルの中身を混ぜていく。


1004_06.jpg
できあがり。


TORAPPACHI」のnoriさんとこの猫ごはんは、人間用のお惣菜とみまごうばかりにきれいでおいしそうなのに、なぜうちのはいつもドロドロのぐちゃぐちゃ(しかも緑色)になるんだろーな…。^^;
それでもマクロレンズで撮ると、なんとなくサマになるような気が。(笑)

次回こそは牛か羊で。

Posted by mik at 11:12 AM | Comments (9) | Trackback (0) |

October 03, 2006

おねだりの視線

[Category: Cat - Behavior]

1003_01.jpg

ミルが一生懸命のぞいている調理台の上には、買ってきたばかりの猫ごはんの材料が。
うちでは、猫たちが調理台の上に乗ることを禁止している。だから買い物から帰ってきた直後、冷蔵庫に入れる前の食材はいったんここに置く。すると、ミルもキクも決まってこのよーに背伸びしてのぞこうとする。そして、それに続いて始まるおねだりコール…。


1003_02.jpg
そんな目で見てもダメ。あげない。


1003_03.jpg
キクが加勢してもダメ。


1003_04.jpg
すごんでもダメっ。> ミル


  *  *  *  *  *


1枚めの写真ではミルしか写ってないけど、キクも並んで2匹おんなじポーズでつかまり立ちしていることがある。調理台の縁によっつ並んだ白い手が、かわいっくってもー!(笑)
その瞬間をなんとか撮りたいんだけど、いつも機を逃す。

Posted by mik at 12:34 AM | Comments (13) | Trackback (0) |

October 02, 2006

ノリノリシリーズ・ランチョンマット編

[Category: Cat - Behavior]

1002_01.jpg
ランチの後、敷きっぱなしになっていたランチョンマットの上に、乗りー。


1002_02.jpg
ふたりで、乗りー。


1002_03.jpg
正面に向き直って、乗りー。

猫が乗ると、ランチョンマットもピクニックシートみたいに見える。

Posted by mik at 03:06 AM | Comments (10) | Trackback (0) |
 1  |  2  |  3  |  4 




ミルとキクに一票




mirukikudiary.jpg
単行本「ミルキク日記」発売中!
Amazonで注文する
楽天ブックスで注文する



080804fvcomu.jpg



0414_05.jpg
FinderViewsも載ってます。詳しくはこちら




キク / 茶トラ♂
2005年4月生まれ。甘えん坊主。運動神経やや鈍し。野菜好き。

ミル / 三毛トラ♀
2005年4月生まれ。面倒見のいいキクの姉。やっぱり野菜好き。

mik / 33歳女
ミル&キクの飼い主。千葉県在住、一人暮らしの会社員。












手づくり猫ごはんの考え方


手づくり猫ごはんの栄養学


手づくり猫ごはん・実践編


ミルとキクの大好物


Ω3系オイルが充実


手づくり猫ごはんの小分け冷凍に


アジアンリゾート風です


とにかく頑丈


100均のメッシュネットをつぎたして、網戸保護&脱走防止に


EOS Kissと、このレンズ






*このサイトはリンクフリーです*