January 2008
S
M
T
W
T
F
S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    




top
About This Site (17)
Book (57)
Cat (61)
Cat - Behavior (302)
Cat - Body (25)
Cat - Food (143)
Cat - Goods (97)
Cat - Grooming (60)
Cat - Guests (5)
Cat - Health & Hospital (16)
Cat - Kedama (12)
Cat - Look-alike (22)
Cat - Nekokusa (15)
Cat - Other Cats (45)
Cat - Owner's Voice (25)
Cat - Sleep (159)
Cat - Wallpaper (2)
Cat - Website (12)
Cat - Wrestling (27)
Column (8)
Donguri (10)
Food & Cooking (52)
Illustration (8)
Knitting (8)
Life & Work (66)
Movie (19)
Music (13)
Photograph (16)
Travel (22)













March 08, 2005

台北雑感

[Category: Travel]

taiwan_overview.jpg
 台湾には初めて行った。
 私が訪れた台北は、東京に似ている。それが第一印象だった。
 東京と同じくらい豊かで便利で治安がよくて、さしずめ日本語の通じない東京という感じ。
 かつて、他の国の都市を訪れたときにも同じことを思った。バンコクとロンドンとニューヨーク。皆、おおむね東京に似ている。
 台北にも、東京やその他の大都市と同じように、マクドナルドがありスターバックスがあり、セブンイレブンや吉野屋や三越や高島屋や無印良品がある。これらの店では、やはり他の都市とほぼ同じあるいは全く同じ商品が、同じような陳列のされ方で売られている。
 私は物質的豊かさのことを言っている。
 都市の役割は、物を集め人を集め消費を促し生産を拡大する、そしてこれを繰り返すことだ。そのための方法論は、世界のどの国でもほぼ同じということなんだろう。人気のある商品と効果的な売り方のノウハウ、それに巨大な資本を、国内外から運びこむ。だから物質的に画一的になる。
 もちろんこれは、一見の観光客の目で見た、都市の表面的な部分に限ってのおおまかな印象。視点をもう少し小さなレベルに移して見てみれば、あるいは目に見えにくい文化的な側面などでは、もっとずっと多様性に富んでいる。けれど、数日間しか滞在しない外国人観光客としては、もっと顕著でわかりやすいアイデンティティを街に期待したい、というのはわがままか。

Posted by mik at 12:57 PM | Trackback (0)


Comments: 台北雑感


コメントをどうぞ









この情報を登録しますか?








ミルとキクに一票!




20071029.jpg
「猫フォトエッセイ・ミルとキク」掲載中!アマゾンでのご注文はこちらから。




キク / 茶トラ♂
2005年4月生まれ。甘えん坊主。運動神経やや鈍し。野菜好き。

ミル / 三毛トラ♀
2005年4月生まれ。面倒見のいいキクの姉。やっぱり野菜好き。

mik / 32歳女
ミル&キクの飼い主。千葉県在住、一人暮らしの会社員。













*このサイトはリンクフリーです*